埼玉県の口臭治療専門医が語る 口臭を悩んでいる人たちの話 木馬歯科医院 電話04-2953-8422

埼玉県狭山市のイオン武蔵狭山店、木馬歯科の口臭治療で実際にあった話です。同じように口臭に悩んでいる方の力になればと思います。1人で悩んでいませんか?口臭を治して楽しい人生にしましょう。電話04-2953-8422 〒350-1305 埼玉県狭山市入間川3-31-5 イオン武蔵狭山店3F

子供の口臭の原因

f:id:dmokuba:20171225144317j:plain

口臭が発生してしまうのは

大人だけではありません。

 

 

実は子供でも口臭が発生することがあります。

 

 

それは一時的に発生してしまうことが多いです。

 

 

子供の口臭が気になったときに

正しい知識で対処できるよう、

子供の口臭について頭に入れておきましょう。

 

 

今回は子供の口臭の原因についてお話します。

 

 

一つ目は口呼吸です。

 

 

口呼吸をしていると

唾液が出にくくなり、

口の中が乾燥してしまいます。

 

 

唾液が十分に出ないと

口の中の雑菌が繁殖してしまったり、

汚れがつきやすくなるので

虫歯にもなりやすくなるのです。 

 

 

二つ目は歯磨きの仕方です。

 

 

お子さんはただ歯ブラシをくわえているだけに

なっていませんか?

 

 

歯磨きが不十分だと汚れが溜まりやすくなり、

口臭の原因になります。

 

 

また生え変わりの時期や歯並びが悪いと

歯磨きがしづらいので気をつけましょう。

 

 

三つ目は虫歯です。

 

 

虫歯も口臭が発生します。

 

 

痛みが出たり、変色・穴が開いていたりすれば

虫歯かもと疑うと思います。

 

 

初期の虫歯や歯と歯の間の虫歯、

奥歯に出来た虫歯はなかなか見つけにくいものです。

 

 

また、子供でも歯周病にかかるので

それが原因の時もあります。

 

 

四つ目は食事の時の噛む回数です。

 

 

噛むことは唾液を出しやすくする事に

つながります。

 

 

唾液が出ることにより洗浄作用が働きます。

 

 

そうすると食べかすを洗い流し、

汚れもつきにくくなります。

 

 

食事の際によく噛んでいるか

チェックしましょう。

 

 

五つ目は鼻づまりです。

 

 

蓄膿症(ちくのうしょう)や

アレルギー性鼻炎などの鼻の病気、

あとは風邪にかかっていると

 

鼻がつまってしまい

自然と口で呼吸をしてしまいます。

 

 

また蓄膿症にかかると鼻の奥に膿が溜まり

その膿が悪臭を放ちます。

 

 

そうするとその悪臭が

口を開けたときに臭うことがあります。

 

 

最後はストレスです。

 

 

ストレスを感じていると

唾液が出にくくなり、

口の中の環境が悪くなります。

 

 

子供の口臭の原因はこれで以上になります。

 

 

次回はこれらの対策について

 お話していきますので、ご覧下さい。

 

◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆
  木馬歯科医院
  〒350-1305 埼玉県狭山市入間川3-31-5 イオン武蔵狭山3F
  TEL: 04-2953-8422
  URL: http://www.mokubashika.com/

  【診療時間】火曜・祭日休診

  AM10:00~PM 1:00

  PM 2:00~PM 7:00
◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆

 

口臭治療で解消した後のお話

f:id:dmokuba:20171224155948j:plain

 

口臭治療はその方の口臭が

解消しなければ終わりにはなりません。

 

 

例えば、まだ唾液の量が少ない方は

日にちをあけて

再検査に来てもらっています。

 

 

それにより確実に口臭を

改善するよう努めています。

 

 

また、気持ちの問題で

不安になってしまう方や

悩んでいる方も同じです。

 

 

気持ちが楽になるまでが口臭治療になります。

 

 

一度、治療が終了した患者さんは

その後どうすると思いますか?

 

 

そのまま口臭で悩むことない人生を

送る方もいます。

 

 

ですが多くの患者さんは少し時間が経つと

また不安に思ってきてしまいます。

 

 

その不安を放っておくと

大きな悩みになってしまうので、

そうならないように対処します。

 

 

その方法は当院では四ヶ月に一度

口臭の検査をかねて

定期検診に受診してもらっています。

 

 

定期検診では機械を使っての

口臭の検査は行いません。

 

 

代わりに、先生の鼻で臭いを判定する

「官能検査」を行います。

 

 

そうすることで、より明確な臭いの

有無を常に把握できるのです。

 

 

口臭治療が終わったあとも再発を防ぐために

今の状態を把握しておくことはすごく大事です。

 

 

ですが自分だけでどうにかしようとするのは

なかなか難しいです。

 

 

専門医が口臭治療終了後も

サポートしていきますので

ご安心下さい。

 

 

当院ではどのような患者さんも

心よりお待ちしております。

 

◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆
  木馬歯科医院
  〒350-1305 埼玉県狭山市入間川3-31-5 イオン武蔵狭山3F
  TEL: 04-2953-8422
  URL: http://www.mokubashika.com/

  【診療時間】火曜・祭日休診

  AM10:00~PM 1:00

  PM 2:00~PM 7:00
◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆

 

口臭を解消するには、まず唾液を知ろう 後編

f:id:dmokuba:20171127155132j:plain

 

前回に引き続き今回も

口臭解消するための方法を

ご紹介していきたいと思います。

 

 

 前編を読んでない方は、こちらからどうぞ。

www.mokubashikablog.com

 

今回は唾液をより多く出すための

方法をお話していきます。

 

 

まず唾液の量を多くするには

よく噛んで食事をしましょう。

 

 

1口を30回しっかり噛むことにより

 唾液の分泌量が増えます。

 

 

噛むという動作は唾液腺(だえきせん)が

刺激されるので効果的です。

 

 

あとは、ガムを噛むのもよいでしょう。

 

 

ガムは味を楽しむのではなく、

異物として認識させるものとして使います。

 

 

噛んだり、舌の上で転がすと

唾液が出やすくなります。

 

 

ガムは噛みこんでも柔らかくならないものが

一番おすすめです。

 

 

また、こまめに水を飲みましょう。

 

 

前回もお話したように唾液は1日に

約1~1.5リットルも分泌します。

 

 

水をこまめに取ることで

唾液の分泌をスムーズにします。

 

 

飲み物の種類を制限するならば

お水がいいです。

 

 

緑茶やコーヒーなどは唾液が

出にくくなる成分が含まれているので

気をつけましょう。

 

 

あとは鼻呼吸をするように心がけましょう。

 

 

無意識に口呼吸をしている方がいます。

 

 

これは口の中の乾燥につながる

大きな原因になりますので治しましょう。

 

 

本日は口臭の改善策の1つである

唾液について詳しくお話していきました。

 

 

これらを毎日実践していくと

口の中の乾燥は改善されます。

 

 

ですが、口臭の原因は1つではありません。

 

 

また改善策も人それぞれです。

 

 

口臭でお悩みの方は病院で

診断してもらうことをおすすめします。

 

 

当院でも口臭治療を行なっておりますので、

お気軽にお電話下さい。

 

 

◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆
  木馬歯科医院
  〒350-1305 埼玉県狭山市入間川3-31-5 イオン武蔵狭山3F
  TEL: 04-2953-8422
  URL: http://www.mokubashika.com/

  【診療時間】火曜・祭日休診

  AM10:00~PM 1:00

  PM 2:00~PM 7:00
◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆

 

口臭を解消するには、まず唾液を知ろう 前編

 

f:id:dmokuba:20171119121122j:plain

 

口臭解消するには唾液が必要だと

みなさんにお話しています。

 

 

唾液が不足していれば

口の中が乾燥し、口臭が発生しやすくなります。

 

 

では、いきなりですが質問です。

 

 

唾液って一体何かわかりますか?

 

 

どうして唾液が必要なのでしょう?

 

 

今回は口臭を大きく左右する唾液について

前編・後編と分けてお話していきたいと思います。

 

 

まず成分についてです。

 

 

唾液は99.5%が水分でてきています。

 

 

ほぼ水なんてびっくりですよね。

 

 

また、1日の唾液の分泌量は

約1リットル~1.5リットルと

とても多いのです。

 

 

口の中が乾燥しているときは

体内の水分が不足している証拠です。

 

 

次は唾液の働きについて学びましょう。

 

 

唾液に含まれる成分には抗菌作用があります。

 

 

普段は唾液が細菌の増殖を抑えてくれています。

 

 

ですが、寝ている間は唾液が出にくくなります。

 

 

そのため朝起きたときには

口の中の細菌が大量に増えてしまいます。

 

 

なんと起床直後は「うんち10g分の細菌」が

口の中にいることになります。

 

 

唾液の出る量が多ければ多いほど

細菌が増えにくくなります。

 

 

抗菌作用の他にも唾液の働きはあります。

 

  • 『消化作用』唾液中に含まれる消化酵素により食べ物の消化を助ける。
  • 『洗浄作用』食べかすを洗い流し、清潔に保つ。
  • 『湿潤作用・潤滑作用』口の粘膜や舌を傷つけないように、うるおいを与え湿らすことで保護してる。
  • 『咀嚼(そしゃく)・嚥下(えんげ)作用』唾液と食べ物が混ざり合うことで、飲み込みやすい塊(食塊 しょっかい)を作り出している。
  • 『味覚作用』食べ物に含まれる味物質が唾液に溶け込み、味覚を感知している舌のセンサー(味蕾 みらい)に届けられて、味を感じることができる。
  • 『緩衝作用』唾液が口の中のpHを中性に保っているが、食後は口の中が酸性になる。酸性の状態が続くと歯がとけて虫歯になりやすくなるが、唾液のもつ緩衝作用が働いて中性に戻ることにより、虫歯から歯を防いでくれる。
  • 再石灰化作用』酸によってとけてしまった歯のミネラルやカルシウムを補い、修復する。

 

このように唾液には多くの役割があります。

 

 

口臭対策のためだけではなく、

唾液は私たちが生きていくための

必要不可欠なものになります。

 

 

唾液について詳しくわかったと思うので、

今回はここまでです。

 

 

次回は唾液の出し方について、

後編でお話していきます。

 

 

ぜひご覧下さい!

 

 

◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆
  木馬歯科医院
  〒350-1305 埼玉県狭山市入間川3-31-5 イオン武蔵狭山3F
  TEL: 04-2953-8422
  URL: http://www.mokubashika.com/

  【診療時間】火曜・祭日休診

  AM10:00~PM 1:00

  PM 2:00~PM 7:00
◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆

 

 

 

口臭がひどい!?ある時間帯に必ず発生する理由

f:id:dmokuba:20171110145554j:plain

 

口臭ひどいとお悩みではありませんか?

 

 

口臭が常にある人もいるかもしれません。

 

 

ですが、大半の人は

常にあるわけではないのです。

 

 

ある一定の時間に発生しやすくなる方が多いのです。

 

 

その時間帯はいくつかあります。

 

 

その時間ぴったりに口臭が発生するというよりは、

ある症状がその時間帯に出やすくなる

といった方がわかりやすいでしょう。

 

 

口臭がどんな時ひどくなってしまうのか、

ぜひ頭に入れておきましょう。

 

 

まず、一つ目は朝起きたてです。

 

 

どんな人でも朝起きてすぐは口臭があります。 

 

 

この時間帯を「起床時口臭」といいます。

 

 

二つ目の時間帯は、空腹時です。

 

 

三つ目は緊張している時になります。

 

 

これら三つに関連している原因は

唾液になります。

 

 

まず睡眠中は唾液の出る量が減少します。

 

 

それにより口の中が乾燥してしまい

朝起きたときには口が渇いていたり、

ネバネバとした不快感が残ります。

 

 

空腹時と緊張時も同じです。

 

 

どちらも通常時より

唾液の分泌量が少なくなります。

 

 

唾液が出にくいときの対処法は

ガムを噛む・水をこまめに飲むことです。

 

 

また、朝起きてすぐは歯を磨きましょう。

 

 

起床時は口の中が菌でいっぱいです。

 

 

もし、歯を磨かずに飲食をしてしまえば

口の中の菌を食べてしまっているのと同じです。

 

 

起床時は歯磨きで口の中を

清潔にすると共に口臭予防をして、

 

空腹時や緊張時はガムを噛む・水を飲むことで

唾液の量を増やし、口の中にうるおいを与えましょう!

 

 

そのほかにもさまざまな口臭対策を

お伝えしておりますので、

口臭でお悩みの方は木馬歯科にご連絡下さい。

 

 

◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆
  木馬歯科医院
  〒350-1305 埼玉県狭山市入間川3-31-5 イオン武蔵狭山3F
  TEL: 04-2953-8422
  URL: http://www.mokubashika.com/

  【診療時間】火曜・祭日休診

  AM10:00~PM 1:00

  PM 2:00~PM 7:00
◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆

 

口臭の原因!?口の中が乾燥しやすくなる飲み物とは

f:id:dmokuba:20171105172305j:plain

 

当ブログでは以前から

口臭は口の中の乾燥により発生してしまう」と

お話していると思います。

 

 

もともと唾液が出にくいせいで

乾燥してしまうことはよくあります。

 

 

ですが、口が乾燥しやすい原因は

他にもあるのです。

 

 

みなさんは毎日飲み物を飲みますよね。

 

 

どんな飲み物をよく飲みますか?

 

 

水・お茶・ジュース・コーヒーなどが

かぶでしょう。

 

 

今、上げた飲み物の中に乾燥に

つながってしまうものがあるのです。

 

 

ある飲み物に入っている

カフェイン・カテキンという

成分を聞いたことはありますか?

 

 

実はこの成分が口の中の乾燥に

つながる原因となるのです。

 

 

カフェインはコーヒー・紅茶に含まれています。

 

 

カテキンは渋みの主成分になり、

ウーロン茶・緑茶に入っています。

 

 

それぞれ良い効果もあります。

 

 

カフェインでいいますと利尿作用や覚醒作用、

カテキンはダイエットにも

利用されているものになりますね。

 

 

ですが、多く摂取してしまうと

カフェイン・カテキンの作用の一つである

「唾液の分泌量の制御」が出てしまいます。

 

 

口の中は唾液によりうるおっています。

 

 

その唾液が出なければ、

口の中の乾燥・不快感が気になってきます。

 

 

体質で唾液が出にくい人もいるでしょう。

 

 

ですが、多くの人は知らず知らずのうちに

唾液が出にくくなるような行動を

取ってしまっているのです。

 

 

またお酒も気をつけてくださいね。

 

 

アルコールが体内に入ると

アルコールを分解しようとする働きが起き、

体内の水分を大量に消費します。

 

 

それにより、体も口の中も乾きます。

 

 

アルコールを摂取した場合、

乾燥を防ぐためには、お酒を飲んだ分だけ

同じ量のお水を飲みましょう。

 

 

どんな飲み物も食べ物も取りすぎは注意です。

 

 

当院では生活習慣の指導も行なっております。

 

 

一度、生活習慣を見直し、

そして口臭を治しましょう!

 

 

 

◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆
  木馬歯科医院
  〒350-1305 埼玉県狭山市入間川3-31-5 イオン武蔵狭山3F
  TEL: 04-2953-8422
  URL: http://www.mokubashika.com/

  【診療時間】火曜・祭日休診

  AM10:00~PM 1:00

  PM 2:00~PM 7:00
◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆

 

口臭治療終了後のケア方法

f:id:dmokuba:20171027153143j:plain

 

木馬歯科の口臭治療では

アフターケアにも力を入れています。

 

 

口臭治療が終わった直後の皆さんは

悩みも解消し、これからに期待をして

帰宅される方がほとんどです。

 

 

ですが数ヵ月後口臭チェックのため

来院してもらうと、また口臭の

悩みや不安を持っている方が多いのです。

 

 

・周囲の人が咳払いをする

・鼻に手を当てる  など

 

 

そういった他人の何気ない仕草を見て

「自分の口臭が再発してしまったのでは」

と思う方がいるのです。

 

 

ですが、口臭治療では必ず

お伝えしていることがあります。

 

 

「他人の仕草を見て、自分の口臭を

判断してはいけないよ」と。

 

 

相手がしている仕草なんて

意味もなくやっていることが多いのです。

 

 

ですが、患者さんは不安な思いから

相手の仕草を自分の口臭とつなげてしまい、

悩んでしまうのです。

 

 

当院の定期的な口臭チェックでは

その不安を解消していきます。

 

 

患者さんの話をしっかり聞き、

そういう時はどうすればよいのかを

改めて教えてあげます。

 

 

また、実際患者さんが気になっている

口臭が再発していないか、

こちらの検査もしっかり行ないます。

 

 

このときは機械は一切使わずに、

官能検査を行なって診断します。

 

 

口臭を感じれば正直にそう伝えます。

 

 

そしてまた新たな改善策もお伝えしていきます。

 

 

以前に官能検査について書いた記事がありますので、

こちらもぜひ読んでみてください。

 

www.mokubashikablog.com

 

このように当院の口臭治療は

一度や二度で終わりではありません。

 

 

その後のケアも定期的に行なっていき、

口臭のない明るい未来を歩んでもらう

お手伝いをずっとさせていただきます。

 

 

◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆
  木馬歯科医院
  〒350-1305 

  埼玉県狭山市入間川3-31-5 イオン武蔵狭山3F
  TEL: 04-2953-8422
  URL: http://www.mokubashika.com/

  【診療時間】火曜・祭日休診

  AM10:00~PM 1:00

  PM 2:00~PM 7:00
◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆